webサイト・webビジネスに伴う契約書・規約・著作権の落とし穴

再委託(再外注)できるように契約書を作成していますか?

web制作委託契約書

再委託(再外注)できるように契約書を作成していますか?

超一流の有名なウェブ制作技術者にウェブ制作を依頼したが結局
丸投げ丸投げで一番弟子の弟子がウェブ制策したケースを考えてみましょう。
このケースが再委託・再々委託の例となります。

図にすると下のようになります。

 依頼人  

   ↓

有名デザイナー        (委託先)

   ↓

有名デザイナーの一番弟子 (再委託先)

   ↓

一番弟子の弟子        (再々委託先)

そこで、このようなことを防止するために、業務委託契約書の雛形には再委託(再外注)を制限する条項が見受けられます。(条項例は下記)

しかし、一般的にウェブ制作は、再外注することを予定しています。
例えば、ここの部分だけデザインを御願いしたり、システムを構築したりと。

従って、ウェブ制作用に業務委託契約書を作成する場合、一般的に出回っている業務委託契約書の再委託(再外注)を制限する規定を取り除くようにしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional